便秘などの症状を解消する健康食品~妊婦や高齢者も気軽に摂取~

妊娠前と妊娠後の違い

お腹を触る妊婦

間違いな事

妊娠すると妊娠前とは違う体に変化が生じるのは、多くの人が周知しています。体形が変わるのはもちろんですが、便秘にもなりやすいのです。これは妊娠前に便秘でなかった人も、妊娠後にはなる例が多くみられます。妊婦が便秘になりやすい理由は、いくつかありますがホルモンバランスの変化が大きく影響しているのです。さらに子宮が育つにつれ直腸が、圧迫されるので排便のための動きがスムーズでなくなってしまいます。そして普段なら十分に足りている、便にいくはずの水分が胎児にまわされてしまうのです。これらの理由により、便秘が起きやすく便が硬く出にくいといった症状がおきてしまいます。排便できても、残便感などがありすっきりしないといったところです。

運動とヨーグルト

一昔前に言われていた妊婦は、常に安静にしていなければいけないというのは、間違った知識です。現在ではウオーキングやスイミングなどの、運動はむしろ推奨されています。特別な場合を除いて、一般的には妊娠の16週目から35週目までくらいなら問題はないのです。むしろ運動不足な状態は、むくみや便秘といった症状を引き起こします。妊婦の場合は、妊娠前と違い気楽に薬に頼るわけにいかないのです。適度な運動の他にも、食事内容で改善することが妊婦には求められます。つわりで食欲がないとしても、食べないでいては良い便はできないのです。良い便を作るためには、栄養バランスの良い和食などがおすすめになります。食後には発酵食品であり乳酸菌が多めの、ヨーグルトがよいです。ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べることで、腸内のビフィズス菌が活発になるのです。デザートにはオリゴ糖入りのヨーグルトや、食物繊維たっぷりのシリアル食品に牛乳をかけたものがよいでしょう。これらの運動や食事の改善は、便秘解消に役立ちます。

昔から重宝されてきた物

蜂蜜

健康維持は人に合わせて取り入れるべきですがプロポリスは殆どの人に適合し、その機能性は免疫力の向上や炎症を抑えるので体調不良の改善にも良いのです。これらは多くが原液として商品化されていますが固形化して利便性も獲得しており、更に効果の方でも優れていて原料にさえも差別化が起きる程に人気となっています。

Read More...

女性が経験する症状

漢方

女性に起こるであろう症状には更年期障害があります。この更年期障害になると体に多くの不調が起きてしまうため、これを押せていく必要があります。そのために利用されているものには漢方薬などがあります。

Read More...