便秘などの症状を解消する健康食品~妊婦や高齢者も気軽に摂取~

血圧が上がる原因と対策

緑の栄養補助食品

高血圧の原因は、いくつか考えられるものがあります。まず最もポピュラーなものは、塩分や水分の摂りすぎです。塩分を大量に摂ると、血液中の水分量が増えます。そうすれば、心臓が血液を押し出すのに力を強めるのです。高脂血症からくる動脈硬化も原因の一つです。動脈硬化が血管を硬くするため、血液の通りが悪くなります。そうすると心臓に圧力がかかるため高血圧を招きます。また水分の摂りすぎで血管が冷えると、血管を縮めます。それも同様に高血圧の原因となります。そして、下半身の筋力低下も血圧を高めます。筋力が多ければ毛細血管の量が多く、血液量も増えます。下半身の筋力が低下すれば、下半身の血液の巡りが悪くなります。そうすれば上半身に血液が集まるため、それを押し出すために心臓に負担がかかるのです。

高血圧対策は、上記のような行為、状態を回避することが大切です。まずは塩分や水分の摂りすぎを避けて、生活の中で身体を温めるように努力すると良いでしょう。そして、スクワットやウォーキングなどの習慣を持つことで、下半身の筋肉を強化するようにしましょう。また下半身強化はプロテインなどのサプリメントを併用すると効率よく筋力強化ができます。身体を温める栄養素は、オメガ3脂肪酸、カプサイシン、アルギニン、ビタミンB3といったものですが、それらを食品・サプリから摂取することで、血管が拡張します。血管が拡張すれば、血の通りが良くなるため、心臓への負担が軽減されます。サプリであれば、塩分・水分を気にせず習慣的に摂取できるためおススメです。また血液をサラサラにするイチョウ葉エキスやDHA・EPAなどの栄養素も高血圧に効果があります。それらは不足しがちな栄養素のため、サプリメントから摂取するのが良いでしょう。