便秘などの症状を解消する健康食品~妊婦や高齢者も気軽に摂取~

女性が経験する症状

漢方

症状と原因

更年期障害とは、女性誰もが経験するものだといわれています。更年期障害の原因は、閉経後に卵巣機能がどんどん衰えてくることが原因でなります。特に閉経する50歳前後の10年間でなると言われています。更年期障害になるとホルモンバランスが崩れて体に様々な不調が現れます。身体的な面では、肩こり、腰痛、頻尿、排尿困難、頭痛、むくみ、倦怠感、体が熱くなる現象のホットフラッシュなどの症状がでます。精神的な面では、イライラ、落ち込み、不眠、意欲喪失、集中力の低下などが現れます。こうした症状が現れると精神的にも肉体的にもかなり辛くなってきてしまいます。このようなときはどのように対策していけばよいのでしょうか。

治療法

更年期の治療法として一番おすすめなのが、漢方を服用することです。漢方薬とは薬とは違うため長期に渡って服用が可能であります。また、複数の症状に効くところも効果が絶大と言われています。漢方は病院などでも処方してくれるためとても便利であります。また、種類もその方にあった症状で処方してくれるため非常に便利であります。漢方の中には、漢方というよりホルモン剤に近い効果があるものも存在しています。しかし、漢方や市販薬が効かない方も中にはいるので、そういった方は病院に通院してお薬を出してもらったり、ホルモン治療を受けたりすることが大切であると思います。漢方は病院にて処方されることもあるほど体への負担が少ないものなので、更年期に入り症状が辛いときには活用しましょう。